PUNCTUM TIMES No. 12

鈴木理策 遠野

RISAKU SUZUKI  TOHNO

pt_12_w600

今回のプンクトゥム・タイムズは、写真家・鈴木理策さんの『遠野』です。
民話と昔話の宝庫のような岩手県遠野市に、この7~8年間撮影に通っているという鈴木理策さん。
遠野での作品には、この世とあの世、「ハレ」と「ケ」の時がクロスするかのような錯覚を起こすマージナルな写真が並びます。
ふだんあまり目にすることのない鈴木氏のテキストも掲載しております。
今年(2010年)は奇しくも、日本民俗学のフロンティア・柳田國男が『遠野物語』を自費出版(!)してから百年という節目の年になります。
今号をきっかけに柳田の『遠野物語』に興味を持っていただいたり、これをお手に遠野を訪れていただけると嬉しく思います。

Risaku Suzuki has been to “Tohno” to take photographs for these several years.
Tohno is located in Aomori Pref., Japan. It is kind of a symbolic area of the Japanese folklore.
The famous folklorist, Kunio Yanagita published his book “Tohno monogatari (story)” by himself one hundred years ago.
Yanagita introduced a lot of stories and folklore of Tohno. Suzuki has taken these wonderful and mystic photographs there.

Date of Issue: April 25, 2010
Format: Tabloid (408×273mm)
Pages: 16
Edition of 1000 copies
Published by PUNCTUM
Publishe: Issei Teramoto
Logo Designer: Masayoshi Nakajo
Designer: Mariko Hamada
Sales Manager: Aco Kogure
Printing Director: Akinobu Sekiya
Printing Manager: Kazuyuki Yabu
Printed by Kumano Shimbun Co., Ltd.
Printed in Kumano