PUNCTUM TIMES No. 19

吉増剛造 心に刺青をするように

GOZO YOSHIMASU  AS THOUGH TATTOOING ON MY MIND

pt_19_cover_w600

プンクトゥム・タイムズ第19号は、詩人・吉増剛造をフィーチャーしました。
2014年3月末からロンドンで開催される吉増剛造展『心に刺青をするように』を記念して発行する特別号となります(特別限定1000部)。
日本が誇る現代最高詩人のひとり吉増剛造(1939~)は、詩作や詩の朗読にとどまらず、写真、銅版、映像などでも特異な才能を発揮し、その活動は多岐にわたります。
今回のロンドンでの初個展では、詩人として、またアーティストとしての50年に及ぶキャリアの総括的な展示となります。
本紙では詩作品『浪江、Blue Door』や最新作『怪物君』シリーズ、銅版作品、多重露光写真などの作品に加え、フォレスト・ガンダー(日英西)、パブロ・デュラン(日仏英)、岡本小百合(日英伊)各氏のテキストも収録しています(括弧内は対応言語)。

吉増剛造 展「心に刺青をするように」
2014年3月31日~同年5月13日
Daiwa Anglo-Japanese Foundation, London, UK
http://www.dajf.org.uk/exhibition/as-though-tattooing-on-my-mind

The latest issue PUNCTUM TIMES No. 19 is the special one featured the highly acclaimed Japanese poet, Gozo Yoshimasu for the celebration of his first exhibition in London, U.K. from March 31, 2014.
The exhibition “As Though Tattooing on My Mind” will present his various works – poetries, photographs, copper-plate engravings, video works, and his original manuscripts.
In the paper his latest poetry works- “Namie, the Blue Door”, “Kaibutsu-kun” (Dear Monster), double-exposure photographs, copper-plate engravings, and the texts by Forrest Gander, Pablo Duran, Sayuri Okamoto are included.

Gozo Yoshimasu Exhibition “As Though Tattooing on My Mind”
March 31 – May 13, 2014 at Daiwa Anglo-Japanese Foundation, London, UK
http://www.dajf.org.uk/exhibition/as-though-tattooing-on-my-mind

Date of Issue: March 31, 2014
Format: Tabloid (408×273mm)
Pages: 16